リハシップ あい の取り組み

有限会社 リハシップ あいでは、
開設以来事業の拡大とともに様々な取り組みを行っています。

活動・参加への取り組み・認知症の理解

リハシップ あいでは「その人らしさ」を大切にし、利用者様の個性に合った介護を基本としています。やりたいことを実現するべく、さまざまな活動ができるようにしています。
また、認知症の理解を深めるべく、勉強会などを行っています。

※各種研修プログラム
日々の業務へ活かして具体的なスキルアップを目指します。

新人職員研修

弊社の歴史や概要、接遇やリハビリテーションについての基本、認知症対応や衛生管理の基礎などを学びます。

勉強会

セラピスト(作業療法士・理学療法士・言語聴覚士)が年間計画を立て、毎月勉強会を行います。
勉強会について

委員会制度

会社内の各事業所で「全体のサービスの質の向上」に取り組みます。

教育部

年間計画・研修案内、教育プログラムの作成と実施。新人研修マニュアルの見直し

業務・サービス向上委員会

業務・各サービスの改善と向上
シップ(施設内通貨)の運営

広報委員会

広報誌・ホームページの作成と管理

リスクマネジメント委員会

インシデント、事故報告書などの検証と啓発

健康増進委員会(ひまわり)

職員の健康促進や健康上の相談業務

接遇員会

月々の月間目標作成

外部研修

外部講師による研修会。会社内だけでは触れられない知見を得て現場で活かします。

管理者研修

管理者として欠かせないスキルやチームをリードする考え方などを学びます。

運営会議

事業運営に必要な理論や情報管理、体制の適正化などを議論します。

各種研究発表 

学会への参加、発表など
様々なな現場の課題を題材に、対策を研究・試行した事例を発表します。
→研修業績の記事へ

メンタルケア研修

仕事上の悩みや職場での心の問題など、アンケートや自己チェックを行います。